恋に疲れた貴方に―。恋愛をお休みしたいときのリフレッシュ法

HT006_72A

一度恋愛から離れてみることも大事

それまで付き合っていた人と別れたとき、その存在を最も強く実感するようになるのはだいたい1週間~1か月の間です。

付き合いがあったときは、仮にそれが険悪な雰囲気のものであったとしても毎週訪れるプライベートの時間をその人のために使っていたはずです。

それが別れということになったときには急に休日や余暇の予定がなくなり、まるですっぽり抜け落ちたような時間ができてしまうことになります。

人によってはこの突然に空いてしまった時間が寂しくてたまらなくなり、慌てて次の恋人を探すことにもなったりします。

ですがそうした寂しさを埋める恋愛というのはえてしてよくない相手であることがよくあり、それがますます別の種類の寂しさを生み出すことになったりします。

一つの恋が終わったときにはあまり焦らず、まずは自分自身を見つめるための時間を作ってみるというのがおすすめです。

自分のための贅沢な時間を作りましょう

それまでは相手のために時間をささげてきたという人にとっては、自分のために時間を使おうといってもなかなかピンとこない部分もあるかもしれません。

そんなときにはまず自分の好きな物は何かを考え、それだけをするという贅沢な時間を作ってみてください。

相手の趣味ではなく自分が見たい映画を見てみたり、自分の好物だけを買ったり作ったりして食べてみたり、または行ってみたかったところに一人で足を運んでみるといった方法です。

失恋は確かに悲しいことですが、それは自分を見つめなおす大きなきっかけでもあります。